2013年01月11日

昭和の映像が観たい



時々、昭和のあのころなにやってたかなぁ?なんて思う時があり
そんな昔の映像を観たくなるのですが、
そういうのはNHKさんうまいんですよね。
そのころ流行りだったものの映像なんか見ると懐かしくなる。
いつかそういうDVDを集めてじっくり楽しみたいと思ってます。
posted by マースケ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

自転車にも荷物箱付けたい

retorojitensya1.jpg
※マイ業務用自転車

gyuunyuuyasan.jpg
※画像はイメージです

俺の自転車は、数年前に買った業務用自転車です。
それまで乗っていたおかんのママチャリやMTBを引き取ってもらって
購入しました。
知り合いの自転車屋さんで買ったので安くしてもらったのですが
それでも5万しましたよ。
さすがに丈夫なだけあるますね。
もうないだろな?と思っていたら、まだ数社で作ってるんですね。
ポイントは「頑丈なところ」と「機能性」
それからオシャレな感じ。
なんてたってダイヤモンドフレームだしね。ライトもクラシックです
そんで、ジャンパーなんかにも機能性を求めて、ポケットがたくさんの
MA-1タイプを選ぶ俺にはもってこいのじてんしゃで、
荷台も大きいので、ここに箱を付けようと思ってるんです。
バイクの項でも書きましたが、やはり地震があってからは、
荷物を載せて逃げられると可か、出かけられることに気持が
動いてるのもあります。
バイクと違って、自転車の荷物入れって、「みかん箱」とか思い浮かべちゃいますが
昔よく配達に来てくれた自転車の牛乳屋さんぐらいの機能性を
持ちたいなって思います。前と後ろに荷物入れ。
こんだけやれば完璧でしょ。
あと、ウケを狙って、ダイヤモンドフレームのところに看板ね(笑)
ラベル:自転車
posted by マースケ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

鉛筆はカッターで削りたい

PICT0181.JPG
※デッサンに使った鉛筆

bonnaifu.jpg
※ボンナイフ

俺が小さいころの昭和、おばあちゃんから「東京の子は(神奈川だったんですけど)
ナイフを上手に使ってえらいねぇ〜」的な話を聴いて
東京の子供は鉛筆を上手に削るイメージがありました。
神奈川に棲んでた従姉の話だったんですけど、
筆箱には「肥後の守」もしくは「ボンナイフ」が入っていて、
それで削ってたんでしょう。
いまだったら、PTAに怒られますね。
鉛筆削り器が出てきてから、使わなくなったけど、
お絵かきを教わった俺としては、鉛筆はカッターで削った方が
しっくりくるようになりました。
昔は使うことすらできなかったけど
今の俺の鉛筆削りの技、あのころのおばあちゃんに見せてあげたい(笑)
色鉛筆なんかも、カッターで先を補足尖らせるためには
鉛筆削り器ではだめですしね。カッターはお絵かきには必需品となりました。

そういえば先ほどの「ボンナイフ」、懐かしいなぁ。
昔は用もないのに、駄菓子屋で買ったんですよねぇ〜(笑)
調べると「ミッキーナイフ」「学童ナイフ」が正式らしいですね?
ほんと用ないから、色違いで買っても、おばあちゃんが食べた最中とかの
整理箱の中行きでしたね(笑)
 思いだしたけど、やっすいもの売ってるお店で
「肥後の守」の偽物みたいなのを買って、釣りの道具箱にたしか
入れてたなぁ。あれで絡まった釣り糸切ったりしてたっけ。
今の子供は、カッターで鉛筆削りなんてできないだろうなぁ?
そもそも鉛筆使うことも少ないかもしれない。
鉛筆好きな俺にはなんとも寂しい話です。
posted by マースケ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのころのデパートに行きたい



 デパート、昭和の人間の俺にはワクワクする響きです。
すっかりショッピングセンターにとって代わられましたねぇ。
 俺の小さいころのデパートって、屋上には観覧車があったり、
ゲームセンターがあったり、ペットショップもある楽しい場でした。
お昼はデパートの食堂(レストランなんて言わない)で食べるのが
定番で、スプーンには三角に折った紙にまかれてて、それをなぜか
コップに入れる(笑)一般の食堂だとコップにスプーンが入ってくる。
食べるのは「オムライス」とか「カレー」新幹線や車をかたどった皿に盛りつけられた「お子様ランチ」。
あぁ、なんかだんだん記憶がよみがえってました。
懐かしいですよねぇ〜
あまりゲームをしない俺の興味はペットショップが目当てでした。
セキセイインコの雛を買ったのも、そこだしね。
で、デパートのペットショップで記憶に残ってるのは
俺が小学生で、従兄の友達の4歳上のお兄さんと、茨城から千葉の柏まで
電車で出かけるという「大冒険(笑)」
親とじゃなく子供だけで隣りの県まで行くのなんて、かなりの大冒険なんですよ。
で行ったところは、柏のそごうの屋上のペットショップ。
そこでは地元では見たことのなかった「ホワイトドジョウ(アルビノ)」に
「ヒメダカ」あと「大きな錦鯉」
これ見ただけで「やっぱ東京は(千葉だけど)すげぇな〜♪」って感動したしたものです。
帰りの電車は間違えて「急行」に乗ってしまってお兄さんがその分を払ってくれたのは
いい思い出(笑)
お兄さんも「俺も急行に乗ったのは初めて♪乗車券は記念にとっておけ」って言ってた(笑)
 話をデパートに戻しまして、昭和の時代、家族でデパートに行くのが娯楽でしたね。
俺の家は普通のカッコで行ってたけど、親友のA君ところは
一緒にあそんでると、マチコ巻してる美人のお母さんと「街に行く」っておめかしして
自転車にまたがりデパートに出掛ける場面によく出会ってた記憶があります。
あれは羨ましかったなぁ。
俺なんてたいがいおばあちゃんとだったもんなぁ(笑)
いや〜、いい時代でした。
またああいう生活してみたいなぁって思いました。
ラベル:デパート
posted by マースケ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする