2013年10月28日

ダイビングがしたい2013(大瀬崎編)

PICT0333.JPG

心配された台風27号がいってしまい、久し振りのダイビングに行ってきました。
海老名SAからきれいに富士山が見えていましたよ。
雪はつもってません

PICT0336.JPG

目的地は、西伊豆「大瀬崎」
ここへは5年ぶりです。
夏は海水浴場でもあるので、人でごったがえしてますが、
今の時期はひとかげまばら・・・かと思ったら、東伊豆が潜れなくて
こっちへきたのか、結構な人の数。
準備してさっそくもぐります。

PICT0340.JPG

1本目は桟橋脇のポイント。
サンゴの親戚のソフトコーラルに小さな「ガラスハゼ」がいました。
こいつはすばしっこくて、撮影が大変。

PICT0350.JPG

もう海藻も解けちゃって、岩ばかりです。

PICT0351.JPG

ウツボがこっちむいてたので、近づいて行ったら、
向こうが後ずさりしてました(笑)

PICT0365.JPG

2本目は海岸から潜ります。
この角度で見える富士山も、雲がかかり頭だけしかみえません。
それでは潜行!

PICT0371.JPG

沈めてあるタイヤをのぞきこんだら、師匠がタツノオトシゴの親戚
「ニシキフウライウオ」を発見。

PICT0376.JPG

「ウミテング」なんてレアものまでいました。

PICT0384.JPG

50分ほど潜って陸へ向かいます
夏は苔むしてる場所も、今はきれい

PICT0385.JPG

水面を見上げると太陽がまぶしいですよ
浮上して、お風呂に入り、お昼に向かいます。

PICT0388.JPG

お昼はフライ屋さんで「魚河岸定食(950円)」を頼みました。
アジフライ2匹にとんかつ、刺身、大きなお椀の味噌汁ついて
安いです。
帰りは大井・松田で事故渋滞25キロ(汗)
すぐ東名を降りて、厚木に向かい、そこから乗って
レインボーブリッジを渡り地元へは22時ごろ帰ってきました。
楽しかった
posted by マースケ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

ダイビング用の赤いフィン(足ヒレ)がほしい



昔から「次のフィンは赤いにしたい」って考えがあるのですが、
赤ってなかなか数が少ないようですね。

前にね、赤の水着とか、短パンとかスポーツ用のを探したときに
数が少ないことに気が付きました。
なんでだろ?
カッコいいのにね。

今度フィンを買うときは赤、グローブも赤にして
仮面ライダー2号ふうにするかな?(笑)
posted by マースケ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

バイクのリアボックスがほしい(安いやつ編)



去年オフロードバイクを買ってからいずれ着けようと思ってたリアボックスなのですが、
お店でバイクを買う時、「まずはキャリアを付けてそれにつければ」って言われて
バイク用品店に行ってはリアボックスを指をくわて眺めてたんですよ。
というのも、良いリアボックスは、純正キャリアに付かないと思ってたんです。
バイク用品店のそれはけっこうな値段するので、固定観念で
「(キャリア買ったら値段高いけど)これしかない」って思ってました。
ところが、今日なんとなく俺の車の前に停まったスクーターの
リアボックスをみて「あれ?あんなサイズ(バイク用品店に)あったっけ?
それにキャリアは純正っぽいのになんでつくんだろ?」って(笑)

そこで先日ホームセンターのカー&バイクコーナーに安いリアボックスがあって
「これでいいんじゃね?」って思ったことを思い出しました。
そうです、なにも高くて大きくなくても良いんです。
「ヘルメットが入る」なんて理想でしたが、なにもヘルメットが入らなくても
コンビニに行ってジュースやお菓子を買ってそれが入ればいいだけだったんです。
そんで検索すると、なんだ安いのたくさんあるじゃん♪って(笑)
カスタムパーツのキャリアじゃなく、純正キャリアにつく安いリアボックス、
探してみようかと思ってます。
posted by マースケ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

ダイビングがしたい(東伊豆川奈編)2本目

PICT0245.JPG

1本目が終了し、車のところへ戻ったら温かいシャワーを浴び、
ウエットスーツを着たままお湯の張ってある水槽へザブン!
ウエットスーツの胸元を開けお湯を中に入れると
「あったか〜い♪」
後から入ってきた他のツアーのお客さんとしばし談笑。
あったまったら、水槽から出て甲羅干しです。
のんびりしちるとどこからかニャンコがやってきて
俺たちの車の下にもぐりこんできました。
なんかのーんびりしてる猫です。
ネコをからかって遊んだらそろそろ2本目です。
準備してタンクを背負ったら、海へ向かいました。

PICT0246.JPG

今度はウエイト1キロ増やしてのエントリー。
これがドンピシャで、スームズに潜行できました。
楽々泳いで先へ向かいました。
今度のコースは、岩の上をショートカットし、やく200メートル先をめざします。
かなりあるのですが、ウエイトがちょうどなので、1本目の最終地点へ楽々泳ぎ着きました。

PICT0247.JPG

岩のむこうは砂地が広がりますが、今回の目的は1本目の最終地よりさらに先
グル―ッと回り込む後ろ側なんです。

PICT0251.JPG

まずは1本目の最終地点で、魚観察。
師匠が岩の間にめずらしい魚を発見しました。
「ニシキフウライウオ(タツノオトシゴの親戚)」で
つがいでのんびり泳いでいました。
ようく見ると上の岩には触覚が長く、ハサミが紅白の模様のきれいなエビ
「オトヒメエビ」がいます。このエビ、むかし水槽で飼ったことがあるんですよ
みんなでこの珍しいニシキフウライウオを撮影したら、
先へ進んで泳いでいきました。

大きな岩の上までスーッと浮かんで行くと、師匠がボードになにやら
書きだしました
「なんだろ?」とワクワクしてると、「ウミガメ」の文字が。
「え!ウミガメ?」「ほんとに??」とコーチの指差す方へ泳いでいくと・・・

PICT0253.JPG
いた〜〜〜っ!!
まずは甲羅のお尻が見えました。
いましたよ。「アオウミガメ」だそうです。
これですよこれ、俺が求めてる出会いというのはこれなんです。
前にね、ハワイで潜ったとき、どこからともなくウミガメが泳いできて
喜んだのもつかの間、甲羅に金具がついていて、餌付けされてるカメのようで
嬉しくもなんともなかったのですが、これはまぎれもない野生のウミガメ。
いるんだなぁ♪と感動しました。
今年一番の感動かもしれません。
だいたい5〜60センチはあったでしょうか
これで子供だそうです

PICT0254.JPG

しばらく観察しながらシャッターを押すことに専念。

PICT0256.JPG

ごめんね、まぶしいいね。

PICT0257.JPG

じっとしてうごかないけど寝てるのかな?

PICT0262.JPG

ほんと動かない

PICT0263.JPG

良し、顔も写しておこう
かなり眺めてから引き返すことにしました
カメさん、ありがとう

PICT0266.JPG

寒さなんか忘れてたけどやっつぱり寒い!
トイレ行きたくなったけど我慢(笑)
先のニシキフウライウオをもう一度眺めたりしながらゆっくり進みました。

PICT0268.JPG

高い岩の上から下を見下ろしてみました。
底まで10メートルぐらいでしょうかね。
よく見えます

PICT0272.JPG

大きな魚も群れてました

PICT0273.JPG

岩場がゴロゴロする辺りで、ホンソメワケベラがチュー。
いや、おとこどうしで喧嘩してるのかも?
そんなのを眺めながら、1本目と同じ約47分ほど潜って
2本目を終えました。
楽しかった♪

PICT0274.JPG

駐車場へ戻ったら、器材を干し、お湯の入った水槽へまたザブン!
施設でシャワーを浴びたら、生乾きの器材をバッグに詰め
お昼を食べに川奈を後にしました

PICT0275.JPG

到着したのは伊東漁協のやっている食事処。
到着したのは15時30分ごろ、とっくにランチは終わって
売り切れメニューも多数。
そんな中みんなで選んだのは「地魚刺身定食(1500円)」
サービスしてくれるそうで、他メニューにつくメンチと
お店の方の実家でとれたみかんを付けてくれました

PICT0276.JPG


刺し身は、金目鯛、味など。
ごはんの御変りは自由で、俺だけお代わりしたのはナイショです(笑)

PICT0277.JPG

建物はもともとファミレスだったのかな?
お腹いっぱいになりお店を後にしました
次は温泉へ行きました

PICT0278.JPG

到着したのは「毘沙門天 芝の湯 玖須美温泉会館」というところで
地元の人が多く利用している施設のようです。
日帰り入浴は300円。相場が800円だからかなり安いです。
しかしここおお風呂が熱くてね、長湯できなくて20分で上がってしまいました。

次は干物屋さんへ向かいました。
ところが道が混みだし、海岸沿いから山道へ向かい走ります。
なんとか干物屋さんに到着したのは、「山安」という有名な干物屋さん。
ここが激安で、小さい鯵の開きが24枚で800円台とか
傷がちょっとついたカマスや味が10枚で315円とか信じられに値段♪
うちはそんなに食べないので、「青アジ、イカの一夜干し、塩辛(イカゲソ入り)」
それぞれ315円で購入し、小田原から高速へ乗りました。

ところが、小田原厚木道路が混んでいて、平塚でいったん降り、
田圃道を走って厚着料金所へ到着。
しかし、ここの料金所を通過するのに30分はかかってる(汗)」

お盆でもないのになんで混んでるんだろ?の声が聞こえたので
俺が「この前みたくマラソンでもやってんじゃないですか?」って答えたら
後から分かった事ですが、横浜でほんとうにマラソン大会してたらしい(笑)

高速に載って、なんとか海老名SAに着いたのが20時15分。
混んでるなぁ
俺はソフトクリームをたべ、20分ほど休憩したら、家路に向かいます。
途中首都高や常磐道でも混んでいて、参りましたが、
なんとか地元に着いたのが22時半。

それからコンビニにお弁当を買いに行って、家に着いたのが23時半ごろとなりました。

今回のダイビングは「ウミガメ」に全部持って行かれましたよ。
寒かったけど、感動したダイビングでした。
あとは来年行けるといいな♪























posted by マースケ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ダイビングがしたい(伊豆川奈編)

PICT0279.JPG

11月18日、今回のダイビングの目的地は「伊豆赤沢」
3日に海に潜っときは水温が23度もあったけど、前日の雨で水面冷たくなってると予想。
しかし、あえて普通のウエットスーツでチャレンジすることにしました(寒いかな?)
朝早くに集合場所に着くと、星空が綺麗♪
そういえば「しし座流星群」が観れるって言ってたな。
と空を眺めると、北斗七星の近くで流れ星がサーッと流れました♪
いいことあるかな♪
お客さんも集まり、早速現地に向かい出発しました
今回は師匠と前回の師匠と二人も同行してくれました♪

PICT0223.JPG

6時45分、海老名SAに到着。
前回のように渋滞もありませんでした。
さて、なにか温かい食べ物と飲み物が欲しいなと
ブラブラ歩き出しました

PICT0224.JPG

前回見つけといた俺の好きな「ピリ辛いか天(さつまあげ)300円」を食べることに。
この辺は「かまぼこ」が有名ですからね。
前は帰りのほうのSAに合ったんだけど、移動したのかな?
温かくておいしいんです。ビールが欲しくなっちゃった(朝から)
温かいカフェオレを飲んで、30分ほど休憩したら出発!

PICT0225.JPG

目的地の伊豆「赤沢」に向っている海岸線から海を眺めると、けっこうな波が・・・
約4時間ほどで現地に到着しました。
漁港になっていて、車でダイビングサービスのところまで行ってみると・・・
3人ほどエントリーしてるお客さんがいましたが、うねりがあり
堤防を越えて波が漁船にぶつかってます。
こんなんでできるの?としばし様子見。
師匠の判断で、「赤沢」でのダイビングは中止となりました。
ここは東伊豆の海峡が良くない時に使われるポイントだって昔聴いていたので
他にあるのかな?って思ったんですけど、師匠がどこかへTEL。
で変更になった行き先は「川奈」
ここは外国の要人がくるゴルフ場が近くにあり、赤沢から少し戻るのですが
行ってみることに。
通りから海側へ降りてみると、海がすごい穏やか♪
同じ東伊豆の海でさほど離れてないのになんでって感じ?
これなら大丈夫そう。良かった良かった♪
直前の情報だと、いま色々な魚がいるそう。
なんだか嘘くさい魚情報ですが期待してます。

PICT0226.JPG

川奈に到着
師匠は8年ぶり、俺は実に11年ぶりの川奈でした。
ここのイメージは、ほかでは見かけない海藻がたくさん生えてたような。
それくらいのイメージしかありません。はたしてどんな獲物が見られるでしょうか?
車を器材干しの隣りのいい位置に停め、すぐに着替えを始めました。
俺と前回の師匠以外のお客さんはドライスーツ。
晴れて気温が上がってきたので、大丈夫大丈夫♪と自分に言い聞かせる(笑)

PICT0227.JPG

準備ができたら、タンク置き場へ向かいます。
ここはタンク置き場が堤防の上にあるので、漁港を歩いて、いちど階段を器材を持って
歩かなければいけません。体力ないとけっこうきついんですよ。
タンク置き場から、エントリースロープを眺めると「お!やってるやってる」
タンクを背負ったら、階段を下りて俺たちもスロープへ向かいました。

PICT0229.JPG

フィン(足ひれ)を履いて独りづつ海へ入っていきます。
足もとがぬるぬるしてるので、滑らないように気を付けないと。
すこし水面を進んで準備OK。
師匠の合図で潜行します。
プシュ〜ッ!ブクブク(潜行するときの音)

PICT0230.JPG

ブクブク・・・あれ?・・・ちょっと浮き気味?
実は今回のタンクはアルミの9リットルタンク。いつもの10リットルと違うので
ウエイトを1キロ軽くしたのですが、息を吐き切ったところでなんだか息苦しい(汗)
浮かないように息を吐いているのがちょっとつらい(笑)
2本目は重くしよう。
全員、耳抜き、マスクの締め付けなど調整し、準備が整ったら師匠の合図で泳ぎ初めます。
ここのポイントは最初海へ向かうロープが2本貼ってあり、
11年前はここで俺はじたばたしたらしいけど(日記で確認)今回はちょっと浮き気味の体を
支えるため最初ロープを伝って先へ向かいました。あまり進歩してないかな?(爆)

PICT0231.JPG

ソラスズメがいました。ロープを伝って行くと、岩がゴロゴロしていて、
そこに小さな魚がけっこういます(キュウセン(ベラ)等

PICT0232.JPG

他では見かけない海藻のひとつがこれ、なんだか芝生みたい。
今回の透明度は10メートルぐらいらしいけそ、この海藻が生い茂る海は
綺麗だと思います。

PICT0233.JPG

コーチが最中の群れに交じって、小さな魚を発見。
「ケラマハナダイ」って、沖縄の慶良間にいるのかな?

PICT0236.JPG

ここはそんなに深くはないようだけど、ちょっと深いところに行くにしたがって
寒くなってきました(プルプル)
「おっ、けっこう魚が群れてるな。

PICT0237.JPG

距離にして120メートぐらい先まで目指して岩づたいに進むコースなのですが
これ、ゆっくりゆっくり眺めながら進むダイビングではけっつこな距離なんですよ。
で、このウミトサカ(サンゴの親戚)が5本ぐらいある岩あたりまでいくと、
120メートル近くで、けっこう辺りは暗くなってました。
暗くなってるくらいだから、水温も低くなり19度〜20度ぐらい。
このあたりで、もうちょっと温かい水面に行きたくなりました。
だって、寒いんだもの(笑)

PICT0239.JPG

深い所の地形ってダイナミックで迫力が違いますね。
魚がたくさん泳いでいます

PICT0240.JPG

岩陰にライトを照らして探す師匠が「イタチウオ」を発見。
悪そうな顔してる(笑)

PICT0243.JPG

最初の目的の一番端の岩の先端(エントリーして130メートルぐらい先)
につく頃にはけっこう進んできた感じがするんですよ。
初心者だと、この辺までいけないことも。
最初の情報では、岩の裏側の方に「ウミガメ」がいるとの話も。
この辺りで、最初にエアー消費しちゃったから、残圧計を(残りの空気が見られる)確認しながら
戻ることに。そろそろ寒さが増してきました。まだふるえないだけ増しけど
じっとはしていられません。
岩の間を眺めながら戻ることに。

戻る途中、恒例の水面を見上げて太陽をみてみました。
きれいだなぁ♪
この感じが好きなんです。

PICT0244.JPG

帰りはゴロゴロした岩を眺めながらゆっくりと進み
約47分の1本目が終了しました。
寒かったぁ!!



























posted by マースケ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

ダイビングがしたい(神奈川「岩」編)2本目

PICT0196.JPG

1本目が終わり、2本目のタンクをセッティングしたら、
シャワーの隣にあるウエットスーツのまま入れるお風呂(水槽)に入りました。
「あぁ♪きもちいい♪」
ワンコをお散歩中のおじいさんがちかよってきて「これお風呂?いいね♪」って。
遠くの山の上の白い家は、某大御所俳優さんの別荘なんだって。
しばらく休憩し、準備ができたら2本目です
ちょうど11時ぐらいに潜行しました

PICT0197.JPG

やはりめぼしい魚は居ないなぁ。
一生懸命さがしはじめました。
「あ!岩の間に綺麗な貝がいる」と思ったら
ヤドカリさんでした。

PICT0198.JPG

潜る前のコース確認で調べといたイソギンチャクのところへ向かいました
もう離れたところからでも、ミツボシクロスズメがいるので
あ、あそこだな?ってわかります。
近付くとクマノミがいましたよ
「あ、逃げた」
イソギンチャクの間に隠れやがった

PICT0199.JPG

「クマノミちゃん、出ておいで〜!」
「お!顔を出してくれた♪」

PICT0201.JPG

観察が終わったら、また進みます。
こんな風にガイドロープが張ってあって、
これに沿って進めば、万遍なくいろいろ見ることができます

PICT0204.JPG

コーチがロープを裏返し、指差すので
「え?何かいます?なにもいないように見えるんですけど…」
と、眺めてると、なにやら海藻の切れ端みたいなのが出てきた

PICT0202.JPG

これ、「タツノイトコ」ってタツノオトシゴの親戚の魚なんですって。
始めて観ましたよ。
ちっちゃ!

PICT0205.JPG

ブロックを鎮めて漁礁を作ってあります
何か居るかな?

PICT0207.JPG

うわ!大きなヤドカリさんがいた!

PICT0209.JPG

カワハギがちらほら居る
美味しいよ(笑)

PICT0210.JPG

岩に居るウミウシはこいつばかりでした
「ムカデミノウミウシ」
青紫のきれいなやつ

PICT0211.JPG

海藻の密林を進みます。
なんかジャングルを冒険してる気分。

PICT0213.JPG

アミメハギの赤ちゃん♪
かわいいね

PICT0216.JPG

さて、そろそろ浮上の合図
ブイにつながるロープにつかまり安全停止。
水面綺麗だなぁ

PICT0217.JPG

キビナゴがたくさんいる
これを追って大型回遊魚なんて来ないかな?って期待したけど来なかった(笑)

PICT0218.JPG

約46分楽しんで陸に向かいます
途中下を見ると海藻の茂った岩が
まるで山の上から紅葉をみているような景色に見えましたよ

PICT0220.JPG

シャワーを浴び、器材を片付けてたらお昼お昼
なに食べよ♪
車で5分ほどのところにる食堂に行くと、大混雑(汗)

PICT0221.JPG

ということえ、向かいの町営の施設「魚座」ってとこで食べることに

PICT0219.JPG

俺は「アジセット(1600円)」を頼みました
アジの刺し身、アジフライ、干物にノリの佃煮
ごはん食べたら、さぁ帰ろう。
今日は西湘バイパスでマラソン大会やってるんだって。
そんなもんだから、混まないといいけど

PICT0222.JPG

順調にス進み、30分ほどで海老名SAに到着
4年ぶりに来たのでどんなふうに変わったか、ここでも見学。
フードコートが2階に移ってた。
前に良くたべた「イデ牧場」のソフトクリームは
表側にあったので購入「ジャージーソフトクリーム380円)
濃厚で美味しいんだなこれが。

そのあとつくね串を購入し海老名出発。
同行のお客さんをコーチのお店に下ろしたら、
地元には4時45分に到着
12時間弱で潜って帰ってきたなんて初めて。
近いっていいね。
久しぶりのダイビング、楽しかったぁ

























タグ:ダイビング
posted by マースケ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

ダイビングがしたい(神奈川「岩」編1本目)

PICT0181.JPG

今日は4年ぶりのダイビング。
地元を5時に出発し、途中俺以外のお客さんと合流して、
高速に載りました。運転はコーチ。
海老名SA手前で4キロ渋滞でしたけど、抜けたらスイスイ。
7時半に海老名SAに到着しました。
ここで地元の女友達に頼まれていた名物「メロンパン」を購入し
30分休憩したら目的地に向かいました。

PICT0184.JPG

今回潜る場所は神奈川県は真鶴の「岩」
道路から横目に「あそこがそうです」て見てはいたけど行くのは初めてでした。
漁港になってるんですね。

PICT0182.JPG

早速ウエットスーツに着替えたら、コーチからコースの説明に聞き入る。
水温23度もある♪これは温かいかも♪
透明度は5メートルか。まぁ、こんなもんか。

PICT0183.JPG

タンクを背負い、いよいよエントリー
スロープを進み、並に足がつかったあたりでフィンを履きマスクをしたら
水面移動して、ブイのところから潜行♪

PICT0192.JPG

うわ!白く濁ってる(汗)
ペットボトルにロープを結んで目印にしてあります

PICT0193.JPG

魚があまりいないや。
もう11月だもんね、と一人で納得
ハナハゼが群れで居たよ

PICT0194.JPG

ロープにつかまって安全停止し、約43分楽しんだらそろそろ浮上。
水面を見上げると太陽がキラキラしてまぶしかったよ♪

水中から陸に到着するとき、床がぬるぬるするからきをつけて。




posted by マースケ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

救助用浮き輪がほしい



救助用浮き輪(プールリングブイと言うらしい)あるでしょ?
船の手すりとか、プールに何気なく置いてあるやつ。
あれむかしから欲しいって思ってるんですよね。
そんなもの何に使うかって?
あれを俺の秘密基地(倉庫とも言う)に飾りたいって思ってるんです。
ウミな感じ出すのに良いでしょ?
今ね狙ってるのが、市内の骨董屋さんに置いてあるんですよだいぶ前から。
あれ欲しいんだけど、まだ値段を聴いたことないんですよ。
安いといいけど。

posted by マースケ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

ダイエットしたい



万年ダイエットしてる状態(しようとしている)の俺ですが(爆)
今年は一昨年つけた今までで一番のMAX体重から10キロ痩せました。
まぁ、また食べたり飲んだりしてるから、−8キロってところでしょうか。
ここ数年の健康診断では先生に「このままではヤバいからあと20キロ痩せなさい」と
言われつづけ、ついに一昨年には「あと30キロ痩せなさい」なんて言われてしまいました(汗)
ところが、去年マイナス12キロになって検診に行ったら「異常なし」の診断で
なんのこっちゃ?状態でしたが、ようは痩せればいいわけです。
そんなこと言ったって、なかなか痩せないですよね?
俺の場合は「水分太り」だから、水をたくさん飲んで出せば簡単に2キロは痩せられたのですが、
それだと、なんか必要な栄養分まで出て行ってしまうような気がして…
美味しいもの食べて、痩せることができないものか?って誰も思うのですが
俺の場合、気が付けばそういう状態で痩せたんだからいいでしょ♪
たぶんあれですよ、痩せるためには「運動」ですよ。
運動ったって、「ちょっと歩いただけ」とか、「ちょっとスポーツやっただけ」と違いますよ!
「1日中ずーっと動く」俺の場合これで痩せてるんです。
ずーっと動くとは、ずーっと仕事してるってことです。
それだけなんですけど、「痩せる」というより「やつれる」に近いですね(笑)
痩せない人って、動かないですよね?ちょっと動いただけで疲れちゃうからなんでしょうね?
だから、家事でもなんでも良いから1日中動いてごらんなさい?と言いたいです。
先日は仕事連荘11日で2キロは確実に痩せましたから、
毎日家事、適度な運動をつづけ(1日10時間)れば10日もすれば痩せるんじゃないですか?
posted by マースケ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

自転車に乗りたい

20100411_191033_2.jpg

自転車って、車・バイクに乗るようになってからだいぶ乗ってませんでしたが、
ある時、自転車をこいでみたら、昔は毎日シャカシャカ漕いでたのに
すごいつらくて(笑)
それから、バイトに行くのにも良いからと自転車を買いました。
買ったのは「業務用自転車」
身体大きな俺でも大丈夫で頑丈にできています。
昭和にはこのフレームの間に食堂の看板を付けて走ったり
荷台に紙芝居の箱積んで走ったり、ミカン箱積んだりと
いろいろなことに使われた自転車。
まだ売ってることに驚きだったのと、昭和レトロ好きな俺に
ぴったりだったので購入した次第です。
まだ新しい自転車ですが、いずれ荷台に箱を付けて
フレームになにか自分で描いた看板でもつけて走ろうかな?
なんて計画もあるんですよ(笑)
紙芝居屋さんと間違えられたりして(笑)
昭和生まれの俺が業務用自転車で思いだすのは
毎年夏になるとカブトムシやクワガタを荷台につけた箱いっぱいにして
売りに来るおじさんやカタカタ音を立てて、配達に来る牛乳屋さんのオジサン。
どれもいまでは懐かしくなってしまった光景ですね。
スポーツとしての自転車が人気ですけど生活に使う自転車も見直して
もっと自転車に乗りたいと思った俺なのでした


タグ:自転車
posted by マースケ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする