2015年08月17日

可能性の高いレトロ客車発見!

中古用品店に行くと、かならずNゲージコーナーを眺める俺です。

というのは前からお話ししている、ジオラマをいつか作りたく、
それには肝心のNゲージを手に入れなければなりません。
しかし、新品で買うとけっこうするので、中古で出ないかな?なんて
眺めてるわけです。

ここへきて、昨日新しい発見がありました。

以前、ちょっと調べて、俺が再現しようとしているジオラマに走らせる電車なのですが、
最初になんとなく「これだ!」って思ったのは、常磐線のEF81ってモデルでした。
そして、最初に見つけた写真では青い客車を引っ張っていたので「これかな♪」って
思ってたのですが、昨日中古用品店で、大量に国鉄客車的な名前で中古で
青い客車が出たので手に取って眺めてみたんです。
すると、ある疑問がわいてきました。
そういえば、俺が再現しようとしている常磐線の客車って何系のなんてモデルなんだろ?と

調べてみて、最初に出てきた名前は「スハフ」でした。
しかし、なんかな車両長くない?こんなんだったかなぁ?なんて
さらに調べた結果、それらしい電車を記事にしている方のブログを見つけました。

それは昭和57年ごろ廃止になったこと。
取手からたくさん学制が乗るっていたこと。
水戸で牽引車がEF80からED75に変わること。
牽引していた客車で青は「スハ43系」。
などなど収穫がありました。

おそらくこれなんじゃないかな?
牽引車はEF81だとばかりおもってたけど、これは俺が青いから「ブルートレイン」って
呼んでいた、白いラインの入ったやつをひっぱってたやつで、
俺が乗っていた青い客車を引っ張っていたのは「EF80」の可能性が高まりました。
このほかに細かいことを言うと、スハ43系の後ろに茶色のオハ、その最後尾に郵便車などなど、
なんかそうだったかも♪って思えてきたんです。
で、車内の写真もあったんですよ。レトロ客車ってことで。
覚えてる奴そのままで、銀河鉄道999の車内んもような木枠の座席や
ネットの網棚。それに扇風機。
、市販のNゲージではここまで再現されてなかったら、自分で色を塗るなりして
表現もできるしね。

うん、まだ手出しができないけど、形ができてきましたよ。

あとは、再現したいのが、藤代〜讃岐間。
この苦間に俺もほんのちょっと締め出しくったけど、友達はこの区間、
手動の客車の扉の外につかまったまま佐貫駅まで走ったんです(笑)
これを再現したくてね。
で、今は知りませんが、当時佐貫駅って斜めに傾いてたんですよ、線路が。
駅に着くと気が付きます。
途中に友達の家があって、窓から見えたり。
あの景色を小さなジオラマで再現したいんです。

あぁ、早く作りたい。




posted by マースケ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424332401

この記事へのトラックバック